FC2ブログ

One More Thing

 
 ファニーを火葬してきました

 姿がなくなると 少し気持ちに 区切りができた気がします

 ICUとよんでたケースもなかなか片付けれずいたけど 昨日ようやく洗って天日干し・・・


 でも・・・この看護セット・・だけは片付けられないままです

画像 328

 最後に使ったまま・・・

 そろそろちゃんと洗浄して保管しないと・・・・

 でも もう出番はあってほしくないですね・・・・

 

 しかし 生食は 色々活躍するのでとっておこう・・・

 今回鼻洗浄に使いましたが 血液中の塩分濃度と等しいため抵抗が少ないので 

 長期にわたって または回数洗浄しないとならない場合普通の水で洗浄するよりも刺激が少ないそうです

 多分普通の水だったら荒れてお鼻真っ赤になってたかも・・・・

 もっと普通に買えたらいいのに・・・と思います。

 
 処方箋がないと買えないのですが 作ることもできるみたいですね


 強制給餌では 私は医療用のカテーテルを使いました

 チューブの幅は2.7mmで長さは40cmをそのまま使いました 長いと難しいかと思いましたが

 長いと垂れるので少々シリンジを押すのに力が入っても押し込むことが無いので使いやすかったです。

 これは先端の横に穴があいていて 先端は丸いので 傷がつくリスクは少ないと思います

 これのおかげでビクビクの強制給餌も 少々安心してできました。


 嘴のカットには

画像 1065

 このニッパーを使いました 先生と同じものです

 でも 最後まで怖くて怖くて・・・・

 なかなかずばっと切れず OTTOがいたら切ってくれたんですが すぐ伸びちゃうので

 もっと頻繁に切って しっかりトリミングもしたら良かったと後悔してます

 調子崩してからは到底切ることができずいたら 最後の治療の時は 上の嘴も伸びてて


 もしかして 餌食べてるように思ったけど 食べれていなかったのでは・・・と。

 体重が85gをキープしていたことにすっかり安心していた自分が許せません


 今は 爪きりに使ってますが 私は普通の爪きりだと爪先が見えなくて切り辛いのですが

 これだと横からぱちんぱちんだし 力もいらないのでへたくそな私には非常にスグレモノです。


 爪もすぐ伸びるように 嘴もあんなにあっというまに伸びるんだとビックリです

 餌をついばむこと 夜寝る前の 歯軋りのような 嘴ギジギジ・・・

 鳥が日常的にする行為に 無駄なものは無いのですね・・・


 ファニーは最後は 吐く・・という1番怖れていた症状が顕れ 急速に体力が消耗していきました

 それでも なんとか自分から水分(この時置いておいたのはOS-1)は採ろうとしていましたが

 吐出がみれた翌日が 運悪く休診日だったこともあって みるみる消耗していき

 それでも翌日の朝1番の診療までがんばってがんばって 先生に診ていただき 注射もしてもらい

 その注射が劇的に効いてくれることを願いましたが 帰宅して自分のICUに戻ってしばらくしてだと

 思いますが 息を引き取りました。

 その時私は 急いで携帯酸素を買いに薬局に走って 帰ってきたら ・・・・でした


 看取ってやれませんでした・・・

 あれほどいつも一緒にいて その前日は 何が起こってもいいように 

 目を離さずずっと付きっ切りだったのに・・・

 なんで・・・・????

 手の中で看取ってやりたかった・・・・ファニーは特に・・・・

 絶対胸の中で逝かせてやろうと・・・夜もそばにいたのに・・・・

 最後に 「酸素かってくるね・・待っててね・・酸素吸入したらもっと楽になるよ・・」

 その時 ファニーは苦しかっただろうにじっと私を見てました・・・・

 それが最後でした 何を思っていたんだろう・・・・・



 最後の診察では カンジタが出ました 

 最初に診てもらってからずっと その2日前の検査でも 培養検査でも出なかったのに・・・・

 そんなに急激に増えるものなんでしょうか?

 結果 直接の死因はそのう炎ということになるのでしょうか・・・

 1番恐れていた結果になりました

 長期の抗生剤の投与による 副作用 

 抗生剤は良い菌まで殺しちゃうし 肝臓に負担かけるし・・・・(もちろん肝臓の薬も入れてありました)

 その怖さは OTTOの昔の体験から 知っていたのに・・・・

 なんとかしたいばかりに 薬にすがりついていた私・・・・

 私がファニーを結果的に苦しめていたのではないか・・・・・・

 何もする気が起きなくてぼーっとしてた時 OTTOからもらった本を読んで

 さらに強くそう思ってしまいました。


 「大往生したけりゃ医療とかかわるな」ベストセラーになってますから

 読んだ方も多いのでは・・・

 死生観 老いてく自分のこの先の医療とのかかわり方 考えさせられました。

 特に治療の概念は大きく覆りました。

 
 その中で触れられてる人間の本来持ってる体のメカニズム(特に自然治癒力)は

 鳥にもあてはまるのではないか・・・と思えます


 読後 考えたのは・・・


 ロックジョウの症状が改善されたときに 薬にたよるだけではなく

 心を鬼にして もっと鼻洗浄を徹底して増やし悪いものを抑えるのではく押し流すことに徹し

 嘴ももっと頻繁にガツンと切って より正常に近い形にトリミングをしてやり

 スムーズな自力餌を助長し 足りない栄養は強制給餌で摂取させて栄養をつけ

 本来持ってるだろう自然治癒力が発動するくらいの栄養と免疫力をつけることに

 徹していたら・・・・・・

 そしてあまり気にしていなかったのが 口腔内の洗浄・・・

 鼻洗浄で洗い流されてると思って油断していた口腔ケアはもっと頻繁に

 するべきでした・・・・

 そうしたら違っていたのではないか・・

 もう1度時間をさかのぼることができたら やり直したいとそればかり思っています。

 

 予後が大変で 厳しい・・と言われるのはそうゆうことだったのかもしれません。

 私は足りなかった・・・・甘かった・・・・


 もっと・・もっと・・・・と考えてももう仕方ないけど・・・

 いまだにモヤモヤしたものは残っています。

 
 

 
 
 
 投薬して1ヶ月くらいして出てきたお尻部分だけの羽毛変色

 肝臓の機能低下によるものかと思ってましたが 甲状腺と言われました


 甲状腺腫と気道疾患の症状は似てるようで判別が難しいとか・・・・

 甲状腺はそのうの下にあります

 声を出す鳴官もそのあたり・・・・

 ファニーのそのう拡張や ずっと続いた笛のような声・・・・・

 もしかしてもともとそこに問題があったんじゃ・・・とか素人考えで思ってしまいますが・・

 今となっては 確かめることもできません。

 一笑に付されても ちらりと思ったことは聞いてみたらよかったと思います。

 無知であるがゆえに 疑問に思うことすらわからないような状態でした。

 でも 鳥は話すことができないから・・・その代弁をしてやるのが飼い主なのに・・

 こうじゃないか・・ああしたらいいんじゃないか・・・

 たとえそれが「ありえないでしょ」・・みたいなことでもいっぱい聞いてみるべきでした。

 
 そして質問するためには ある程度の知識は必要です。

 でも闘病中はなかなか気持ちや時間も余裕がないことが多いので

 日ごろから(元気なときこそ)疑問に思うことや どうかな・・と思ったことは

 調べてみることが大事ですね・・・

 知ってることと知らないことでは 雲泥の差が生じる・・・痛感しました。


 私も数年前疲れから 甲状腺が腫れて 喉だとばっかり思って抗生剤をせっせと飲んでも

 全く効かず 痛くて食べれなくてほとほと参ってたら・・甲状腺だとわかり

 ステロイドで劇的に症状が治まったことがありました。

 抗生剤じゃ効かないらしいです・・・。

 あの劇的な効き方は 怖いくらいでしたが 症状が治まったことで

 食事ができるようになり 食べるとみるみる回復できました。


 やっぱ・・・食べる力ですね・・・・・


 口から採る栄養・・・・それが1番の薬になるんですよね・・・

 

 
 雛が生きるか死ぬかには もって生まれた免疫力もあれば ちょっとしたタイミングというか・・

 運命的なものも大きく左右します。

 人間の力では及ばない 神の領域もあります

 繁殖をしているとそれをまざまざと思い知らされ 無力感を感じること多々・・・・


 でも 今回は違ったはず・・・なんとかできたはず・・・・

 そう思うとなかなか奮起することができないでいますが・・・・


 今後もずっと続く 鳥たちの世話や 健康管理 病気になった時の対処などなど

 私が知らなくてはならない知識や 処置 メンタル面 

 そんな有形無形のものを教えてくれたファニー・・・

 私の方が折れそうになっては いつも止まり木に凛とたっていたその姿に

 叱咤された・・・・・強いファニー


 たった3ヶ月の命でも 彼の残した財産はかけがえのないもので

 彼はそれを教えるために産まれてきてくれたんだと・・・・

 それは絶対間違いないと思います。


 頼りない乳母で看護者だったけど・・・・

 ファニーありがとう・・・・・キミとの時間は 私の財産です


 キミが教えてくれたことを・・・キミの兄弟や両親 そしてたくさんの仲間たちに

 活かしていくこと・・・・

 今度はそれが私の使命だね・・・・

 
 5月から ちょっとだけスペースをお借りして 粟穂を育てていました

 ・・といっても 種まきだけしてその後はさし餌やファニーのこともあって

 畑のオーナーさんにまかせっきりになっていたのですが・・・・

 ちょっと見ない間に・・・


 
粟穂

 こんなに大きくなっていました・・・・

画像 320
 (もうだめかなと思ったときケースから出すと 兄弟のところに真っ先にいきました
   お別れしていたのかな・・・・)






 ファニー・・・キミに食べさせたかったな・・・・
 
 

 

 

 




 


 

 


 


 



 

 


 

 

 

 

 
 

 





 


 

 

 
  

 

 

 


 

 

 


 


 

 
 


 


 

 
スポンサーサイト



ファニたんは本当に本当にたくさんのものを遺していってくれたんですね。
辛いときに色々教えてくださって本当にありがとうございます。
私もファニたんが遺してくれたもの、ジェミーさんが教えてくださった事、大切にします。

私はらっきーが癌で残された時間は1ヶ月と診断された時に
薬を使わないっていう判断をしましたが、やっぱり後悔しました。
もしも薬を使っていたら・・・って。
ジェミーさんがおっしゃったみたいに
後悔は大切に愛しく思う気持ちと比例するものだって本当にそうだと思いました。
ジェミーさんはその時にできる事を精一杯されてました。
それは誰よりもファニたんが知ってますから。

ファニたんはジェミーさんに出会えて幸せでしたね。
ジェミーさんの粟、天国のファニたんまできっと届きますよ!

知識がないと質問できない
まったくそうですよー。私も最初は獣医さんとまともな会話すらできませんでしたもの。
医者がインフォームドコンセプトをうたってても患者に知識がないとねぇ
これは鳥だけでなく人間にも言えて、
母親が最初に患ったときなんでもっと医者に質問しなかったんだろうって後悔してます。
カンジタは抗生剤飲んでるとすぐわきますね
私がそうなんですよー
どっちにしても薬の長期投与は肝臓に負担がかかるし
獣医さんは肝臓の薬を処方してくれるけど。。焼け石に水的な感じっ
私もkabakoさんと同じで最後は薬を使わない判断をしました
そしたらあっという間に闘病生活は終わってしまいました。。。
うちは余命宣告されてなかったのに(涙
結局何やっても後悔するんですよねぇ

結局最後はその仔の体力生命力にかけるしかないのかなぁ

病気にさせない育て方を模索中ですわー


遅くなりました・・・

ファニちゃん、とても残念です
また会いたかった

ありがとう、ありがとう!!


ジェミーさ~ん、、、、
(T-T)涙も鼻も出てくるよぉ・・・

あああああああーーーーもうなんもいえねぇーー
ジェミーさんは命が消えるその瞬間までずっと駆けずり回ってらしたんですね。
この看護セットを見るだけでどれだけジェミーさんが手を尽くされていたか・・・計り知れない愛情を感じずにはいられません。
”ファニー、待っててね。”って言葉に
”うん、ずっと待ってるから・・早く帰ってきてね!”・・・・・”会いたいよー会いたいよーーー今までありがとう!!辛い思いさせてごめん!”きっと最後までジェミーさんのことを思っていたと思います。

毎日オカパラに訪れる方は一体どのくらいいらっしゃるでしょうか?
常連の方、ビギナーな方、通りすがりの方 そのすべての方が少なからずいろんな悩みや不安を抱えていらしゃると思います。
そんな私たちみんなにジェミーさんとファニーちゃんは身をもってもう一つ、もう一つと前に進む力、もう一つ、もう一つとくじけない勇気をもらったような気がします。
ジェミーさん、ファニーちゃん、ありがとう☆☆☆
私もONE MORE THING 頑張ってみますか!!!

こんばんは。

色んな思いがあると思います。
でも、私はジェミーさんは凄い!と思いますし、きっと絶対、ファニーちゃんは感謝していると思います。

我が家も先週からバタバタで、更には昨日から老愛犬の事で更にバタバタです。

色んな事で心が折れてしまいそうです。

Re: タイトルなし

kabakoちゃん
結局なにをどうやっても後悔はするんだよね・・・
その時選んだ決断がベストだったんだと納得させるしかないのだろうね・・・
kabakoちゃんもきっと辛い決断だったでしょうね・・・
でもそんな哀しいことがあったから今があるのでしょう・・・
きっと今はわからなくても ああ・・あの経験をしたからこうできた・・と思える日がくると信じたいですね。

Re: タイトルなし

まぁこちゃん
まぁこちゃんも抗生剤の副作用で出るの?人間も同じなんだねえ・・・
人間も長期で強い薬のむと肝臓数値にする出るしねえ・・・・
体のつくりは鳥と人間では違うけど メカニズムは一緒なんじゃないかと思います

そうなのよ!!わたしも病気にさせない体作りを考えてます
それには日々の食生活等が重要なんだと思うけど 何をどう与えるかは個体差があって羽数多いと
そこんとこが難しいのよね・・・・

Re: タイトルなし

えみちゃん
また逢えることを望んでたけど叶わず逝ってしまいました。
でも逢って声かけてくれて元気付けてくれてありがとう・・・

Re: タイトルなし

イルジメちゃん
ああああああ・・・・イルジメちゃんのコメントが嬉しすぎて 「なんもいえねぇ~」
いつもいつも心篭ったせいいっぱいの言葉で応援してくれて・・・ありがとう
ブログで元気を与えることができてるならそんな嬉しいことはないです・・・

Re: タイトルなし

りしまめさん
ええ!!??大丈夫ですか???心折れそうだなんて・・・
折れるのは私だけで充分!!
もし もうだめ・・折れちゃう・・と思うことあったら いつでもメールでもいいです・・
おっしゃってくださいね!!

Re: Re: タイトルなし

拍手コメントYさん
いつかはお迎えしたい・・・何よりの言葉です・・有難うございます
私もいつかお目にかかりたいです!!

ジェミーちゃんじゃなきゃ出来なかった看護だと思うわ…
私だったらきっと出来なかったよ
ファニたんが遺したものは大きくてたくさんあるね
それを私たちも大事にしなきゃって思った…
私ももっともっと勉強するわ!
インコーズのために
私自身のためにも
ファ二たんジェミーちゃんありがとう!

私の家にも、何日間もつきっきりで看病していて、
ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ離れた隙に、
逝ってしまった犬がいました。
私が見張ってることで、気を使って、
苦しいのに生きてくれていたのかも…、と、
申し訳なく思いました。
ファニーちゃんも、ジェミーさんのことが大好きだったから、
あえてお別れの瞬間を見せたくなかったんですよきっと。

しかし鼻洗浄に強制給餌にくちばしカット…
ジェミーさんどんどん肝っ玉母さんになっていきますね!

言葉になりませんが、これからきっと沢山の命が生まれこの経験で助けれる命も多いと思います
ファニーちゃんも生まれ変わってきてくれますよ
だって大好きなママですから^-^

悲しくて言葉がなく コメント控えてましたがジェミーさんが 自らの体験が誰かのためになるかもしれないと 力を振り絞って書かれた文章に感動し、ねぎらいたいとコメしてます。
最後酸素を買いに行くジェミーさんを見つめたファニーは「もぅ大丈夫ありがとう。お世話になりまちた はぁと」って言ってた気がします。

鼻洗浄、強制給餌、嘴カット、投薬…
壮絶な看護の日々だったと、改めて思い知りました。
私は、強制給餌の経験すらないので、大変さは分かりませんが…
ジェミーさんだからこそ、出来た事だと思います。

>もっと頻繁に切って しっかりトリミングもしたら…
>口腔ケアはもっと頻繁に…

そう思われる気持ち、すごくよく分かります。
でも、知らず知らず無意識のうちに…
ただでさえ、病気で苦しんでいる子に…
嫌がる事や、苦痛を与えるであろう処置の手を緩めてしまうのは、
ジェミーさんがファニーちゃんを愛していたからこそ
だと思いました。

「愛してるからこそ、しっかり処置した方が良い」と言う方もいらっしゃると思いますが…
私がジェミーさんの立場でも同じだったと思います。
ジェミーさんは、十分過ぎるくらい頑張りました。
もう、ご自分を責めないで下さい。

最期の姿をジェミーさんに見せなかったのは、
ファニーちゃんの親孝行なんだと思います。
天国で、ジェミーさんの粟穂をガツガツ食べてくれるでしょうね!!

ずっとROMしてました。
痛いくらい悲しさが伝わってきて涙が尽きることがありません。
たった3ヶ月でしたが…ファニーちゃんはすごく生きた子だと思いました。
死は誰にでも訪れるけど、本当に生きることは難しいという誰かのセリフを思い出しました。

そしてこれからもファニーちゃんは生きるんですね…
ジェミーさんの経験の中に。

でもとても悲しいです…

ジェミーさんが早く元気になれるよう祈ってます。

私もジェミーさんじゃないとできなかった看護だと思います。
傍で看ていたジェミーさんだからこそできた看護だと思います。

結局何をやっても後悔するんだと思います。
その時その時で必死に考えて、ベストだと思った方法を選択しても、亡くなるとそれを後悔してしまう。
助かればそれが正しかった、亡くなればそれは間違っていた、
極論だけどそう思ってしまうんですよね。
刻一刻と変化する症状に対処するなんてお医者さんでも難しいと思います。
でも、傍にいる私達にしかできないことだってある。
その仔がその仔であるがための環境を作ってあげられるのは、飼い主さんしかいないと思っています。
ファニたん、病気でしんどかったとは思いますが、
大好きなジェミーさんの傍にいて、最期の最期まで安心できる場所に居られた。
それだけでも、ファニたんは救われていると思うんです。

私もいつもいつも迷いながらの看護です。
ツラそうにしてるのを見たら、処置をするのをためらってしまうし、良くなったかなと思ったら油断だってしてしまう。
頼りない、不甲斐ない飼い主で鳥達も不安かもしれません。


知識を持つことは本当に大事なことだと思います。
私もまだまだだから、ジェミーさんが教えてくれたこと、ファニたんが教えてくれたこと、私にとっても宝物です。
有難うございます。

病気に打ち勝つ体作り、私の目指すところでもあります。
食事にはいつも気を使っているつもりですが、まだまだ見直す事が多いです。
鳥達のためにも私も成長せねば!

Re: タイトルなし

cyokoちゃん
いえいえ・・やらねばならないとやれるもんです・・cyokoちゃんだってきっとやっちゃうよ・・
命をほっておくことはできないもんね・・・
ほんと経験から得る知識は忘れないね・・・

Re: タイトルなし

Ramonaさん
肝っ玉母さん・・・笑
そんなたのもしい母ではないですが・・・・やらざるを得ないとやるもんですね

お別れの瞬間そばにいれなかったのは辛いですがきっとそれがファニーの生き方だったのでしょう・・ほんとうに強い子だったから・・・最後まで弱音はかない子でした・・・

Re: タイトルなし

reimamaさん
これからもいろんな思いをするでしょう・・・
それはその時その鳥でいろいろ違うと思うけど 受け止める勇気は持てた気がします。

Re: タイトルなし

みかんさん
こんばんは。ありがとうございます。


「もぅ大丈夫ありがとう。お世話になりまちた はぁと」・・・
ファニーはそう思ってくれてたかな・・・でもたしかにそんな感じの顔だったの・・今思えば・・
でも最後になるとは・・・・
ああ・・また泣けてきます・・・

Re: タイトルなし

minnさん
そうなのよね・・・ただでさえ苦しんでる子に嫌な処置を頻繁にすることができなかったの・・
先生からは 割り切って速やかに・・と言われたけど 手早くもなかなかできないからモタモタしちゃうし
へたくそで変な力はいっちゃうし・・ほんとうに泣きそうでした・・・
やらなければ後悔もするけど やったらやったでも後悔するのかもしれないですね・・。
粟穂・・・天国でいっぱい食べててほしいわ・・・

Re: タイトルなし

garaさん
哀しい結果になってしまいました・・・
でも 病気だったけど 強く生きた子でした・・私の方が叱咤されてたもん・・・
だからこそ救ってやりたかったんだけど・・・・残念です。
でも・・・ファニーは今は間違いなく私の中に生きてます。

Re: タイトルなし

ぷっちぃちゃん
教科書どおりの治療や処置だけでなく・・
 そのこそのこのケースによる看護ができるのは飼い主かもしれないよね・・
残念な結果になったけど 後悔もしてるけど
最後まで自分で看護してことだけは 後悔してません。
それが結果的によくなかったかもしれないけど 何故かそう思わないの・・
最後まで一緒にいた 自分でやった・・それだけはほんとうに良かった・・と思ってるわ・・
唯一それだけが後悔してないことです。ぷっちぃちゃんならわかってくれるよね・・・

木漏れ日の密度が少しは高くなってきましたか?
天空の城ってあるんでしょうか?
見て見てファニー!ママが笑ってるよ。
わぁ!ホントだ!笑ってる笑ってる~~~
僕のせいで辛い想いばかりさせちゃったからなー
僕には笑顔ばかりだったよーー
でも、ホコリンはケッコークールだったじゃん。
やっぱ、ママの笑顔はサイコーだね。
だって、僕のママだもん。
いや、僕のママだよ。
(まあまあ喧嘩はやめて・・・)
天空でジェミーさんを見守ってる二人の姿が目に浮かびます。

皆さんの言葉、どれも深くて心に響きます。
人でもそうですが、小さな命を育んで行くって本当に大変なことなんですね。(私、なんかか~るく考えてた・・・)
無知ってなんか悲しいですね。こうして皆さんと語れないのが寂しいです。

Re: タイトルなし

イルジメちゃん
徐々に復活しつつありますよーーー
ていうか・・・今は忙しさに助けられてますね・・・
うふふ・・天空での会話・・・かわいいわ・・
無知だなんて・・・そんなことはないですよーーーこうして来てくださることが何よりの喜びだし
楽しみになってます♪ありがとーーー

お疲れ様でした。
と、打ってから、なかなか次の言葉が出てきません。
ファニーちゃんもがんばったけれど。ジェミーさんも全力以上出し切ってたと思います。
心残りはあると思います、でも、ジェミーさんがいいと思って精一杯がんばったのですから、自分で自分を褒めてあげてください!!
本当に、お疲れ様でした!!!

Re: タイトルなし

kaedeさん
ありがとうございます。あの日kaedeさんにもファニーちゃん見てもらえてよかったです。
ファニーは短い時間でもたくさんの人に会えて声かけてもらった幸せインコだったと思います。
Secret

♥プロフィール♥

ジェミー

Author:ジェミー
お立ち寄りいただきありがとうございます。
美しく片付いた部屋で、アロマキャンドル灯して、 フレーバーティー片手に読書・・・・・が私の至福の時間・・・・・・
なはずなのに・・気がつけばokame 粉にまみれ雛の乳母と化す毎日です。

インコのブリードもしています
名古屋0907045 登録日平成21年4月14日


里親様募集


 




飼い主様募集について
必ずお読みください

♥繁殖&ヒナヒナブログ♥


  繁殖状況はコチラ

♥My Favorite ♥


インコグッズ♥アクセサリー♥はこちらのshop

♥Bookmark♥


↑先生のブログです♪参考になるおはなしがいっぱいです

♥最新記事♥

♥最新コメント♥

♥カテゴリ♥

♥カレンダー♥

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

♥リンク♥

QRコード

QRコード

♥メールフォーム♥

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ