弓折れ矢尽きる・・・

  巣上げしてから1ヶ月・・・・

  食滞と闘っていた 「タマランちゃん」 (そのうにたまらないでほしい・・願いをこめて命名)

   ほんとうに・・・ほんとうに・・・がんばってくれていましたが

  私の力が及ばず・・・・永眠してしまいました。


  「食滞」 インコの飼育をしていたらどこかで 耳にするこのことば・・・

  オカメの繁殖をしている人なら きっとそれに悩まされた方も多いでしょう。

  オカメの繁殖は 「食滞」の恐怖とともにあるといっても大げさじゃないように思います。

  そして 食滞のヒナほど 見てて辛いものはないです

 食欲はあるのに・・・生きたいと願っているのに・・・・

 食べても 食べても 消化しないので 満腹感を感じることができず

 常に飢餓状態です。

 食べても 食べても やせていき 衰弱していきます

 タマランちゃんもそうでした。

 しかも彼(彼女?)は小さすぎた・・・・・

 巣にいたときから成長が遅く 小さめでした。

 それで早めに巣上げしたんですがやはり消化が遅く

 体重は徐々に減っていき最後にはかったときが

 35g・・・・  骨と皮でした 生きてることが不思議な体重

 それから怖くて体重量れずにいたほど・・・

 ここまで小さい子でスタートするのは初めてでした。

 (ジュテのときは60gはあったので・・・)

 それでも 元気に鳴いて 私の顔を見ればよってくる

 小枝のような足でケースをよじ登って餌をねだる・・・

 その目は生きる力にあふれていたので きっとこの子は生きてくれると信じていました。

 まずは もう1羽の兄弟鳥とはルーミーのましきりでわけて

 タマランちゃんには籠の下にじかにパネルヒーターをおき

 足元からぬくぬくするように保温、

 うつむかないように流れやすい姿勢にできるように周りをティッシュでかためました

IMG_4116.jpg

 奥がタマランです。





 そして まずは 超薄めのフォーミュラーAPDをちょこちょこさし餌 からスタート

 その間 あらゆるパウダーフードを試してもみました。

 ケイティーはちょっと粗いので 滑らかなほうがいいのかも・・と

 茶漉しでこしてみたり(でもそんなことしてると温度がさめるので却下)

 スドーのパウダーフードも試してみましたが これも却下

 量が少ないので(1回に3ccとかなので)スドーはダマになっちゃって完全に溶かしてると

 温度がさめてしまいます・・。

 そのうバンドもやりました(ハカセに使ったくっつくテーピングを使用)

 ・・・が・・・・・

 ある日帰宅したら 血まみれで倒れているではないですか!!

 小さくても元気がいいタマランちゃんは そのうバンドにつめをひっかけ もがいて

 自分のそのうをばっさり引っかいてしまったのです

 ソッコーで 病院に駆け込み 縫合

 オペにもちゃんと耐えていました。

 さすがに帰りの車の中ではスヤスヤ寝てましたが

 かえってからは 相変わらずジャージャーないて餌をねだる・・・・

 この子はなんて強い子・・・きっと生きるわ・・・と確信してました。

 そのとき先生に教えてもらって 人間の赤ちゃん用の「ボンラクト」(大豆でできた粉ミルク)

 これなら栄養が採れるかも・・と

 これをちょっとづつちょっとづつ。。。でうまくいった!!

 と思って濃度を濃くしたら・・またたまる・・・で

 頻度と濃度を頭がいたくなるほど試行錯誤しながら

 結局 APDに落ち着きました。

 その頃 仕事も忙しくなり 娘も帰ってきて、さし餌の時間をあけざるをえなくなったのですが

 逆に7時間くらいあけると消化してくれていたので

 忍の一字で

 消化を待つ作戦でいくといい感じで、すこし 肉もついてきて羽もふかふか生えてきて

 体重は怖くて量れないでいたので・・・・

 さわった感じでなんかちょっと大きくなったねーーと娘とも話していて

 少し明るい光が見えてきたーーーー!!!と

 喜んでいました

 でも いかんせん APDを薄めでは さすがにヒナ時に必要な栄養は充分とはいえず・・・・

 それでもとにかく 牛歩でも1日に必要な最小限だけでも

 吸収してくれという私の願いは届かず・・・

 ついに 朝起きたら 立てなくなっていて・・・・・

 いわゆる脚気のような状態でした。

 その朝は消化も落ちていました。

 神様はどうしてかくもこう次々とこの子に試練を与えるのよーーーー

 。。と叫びました・・・ほんとに・・。



 でも 立てなくてもキョトンと私をみてるタマラン

 この子はまだあきらめてない 私もあきらめちゃいけない・・と

 コップインコ発動です。

IMG_4393.jpg

 でも もがくとつるつるすべって逆にあぶなっかしいので

IMG_4394.jpg


 激落ちクンハウスにおさまってもらいました。

 気になるのは昨日夜からたまったままの餌・・・

 抜くべきか待つべきか・・・でも餌はほしがります

 とりあえず暖めたポカリを少しのませて様子を見ました

 でも お昼になってもそのうはパンパン・・・。

 でてる便は絶食便・・・

 これは抜かなきゃ・・と思いチューブいれようとして、愕然としました

 チューブが入らないほど細くなってる・・・・

 そのとき 「ああ・・・もう無理かも・・」と絶望感がよぎり・・

 ・・と同時に もうがんばらなくてもいいよ・・・という思いが頭をぐるぐる

 

 そして もうだめならば・・・せめておいしいご飯を食べさせてあげようと思い

 少し体重があがったら食べさせようと思っていた ハリソンのジュブナイルと消化酵素を

 食べてもらいました。

 そしたら ちょっと満足したのか・・・

 はたまた もう 元気がなかったのか・・・

 スヤスヤと寝ていたので

 

 私もぐったり・・・一緒に眠ってしまいました。

 

 そして なにか 気配を感じて目がさめたら

 タマランちゃんがすっくと立って ケースから出ようとしています!!

 わーーーー元気になったんだーーーーと かけより そのうを見たら

 消化はしていませんでした・・・

 もう なんとなく予感はしました。

 いつものタマランの覇気がなくなってる・・

 もう覚悟しました。

 せめて 最後まで一緒にいたいし 声もかけてやろう

 ずっと名前を呼びつづけると

 返事をするんです

 小さい冠羽が動くんです

 

 

 その後 まもなく 手の中で 旅だっていきました。

 


 その時は 万策尽きた・・と思ったけど

 今は やはり私のやり方は間違っていたのかもとも思います

 この1ヶ月頭の中タマランのことが離れることなく

 いつもどうしたらいいか・・・次はこうしよう

 やっぱりこれじゃだめなのかな・・・とかずっと考えてて

 試行錯誤に 一喜一憂 最後は弓折れ矢尽きた・・と思ったけど

 何かが間違っていたのでは・・・との思いもぬぐえません。

 どこが間違っていたんだろうか・・・

 でも 答えとか 正解とかってなくって  みんなそれぞれ違うんですよね

 そのこ そのとき その状態を見極めて 考えて調整して 

 根気よくやっていくしかないのが食滞。

 難しいです・・。

 私じゃなかったら・・もっと上手にお世話できる飼い主さんだったら

 助けられていたのかなあ・・・

 

 無力感を感じる私に

 友人の

 「無力なんじゃなく 自然界にいたらもっと早くに絶たれた命。

 人間のそばにいても本来は自然界の生き物

       時に人間が自然に従わなくちゃいけないときもあるのでは・・・・」

 この言葉に ハッとさせられました。

 私は何を驕ったことを思っていたのでしょうか・・・・

 

 短い鳥生だったし・・・・

 ひもじくて 辛いことばっかりだったかもしれない・・・。

 タマランは幸せだったのかなあ・・・・・


 でも・・・それでも

 また 食滞のヒナがいたら

 きっと 同じように 悩みながら 考えながら 手を尽くすと思う・・・


 そのとき タマランと過ごした日々のことが

 役に立つことがあるかもしれない

 そうじゃないとやりきれないし・・。

 消えようとしてる命を ほおっておくことはできない

 手は尽くすけど・・・・


 でも・・・・どうにもならないこともあるのも事実

 これは 生き物を飼う限り ずっと突きつけられる問題でしょう

 相手は オンリーワンの命だから マニュアルどうりにはいかないから

 また心折れ 凹むことも避けては通れないだろう

 でも それ以上に 与えてくれる喜びがあるから

 また がんばれるのです


 新しい命

IMG_4415.jpg



 生きていく命 

IMG_4421.jpg


 この子はタマちゃんの兄弟ですが

 ここ数日で ぐっと大きくなって

 いきなりひとり餌も食べるようになりました。

 タマちゃんの命 引き継いだのかな・・。


 さし餌トラウマですが・・・

 待っててくださる飼い主さんがいらっしゃるから・・・

 また 顔をあげて

 がんばらなきゃ。


 

 


 応援してくれた鳥友さんたち・・・

 ありがとうございました。


 cyokoちゃん

 やさしいキモチをありがとう・・・。

IMG_4474.jpg



 タマちゃんほんとによくがんばったね・・。

ごめんね・・・ 天国ではお腹いっぱい食べるんだよーーー!!

 ありがとう・・・。またいつか帰ってきてね・・。

IMG_4234.jpg









 

 

  

   

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  
スポンサーサイト

No title

ジェミーさんお疲れ様でした。 

食べても食べても落ちていかず、お腹がすいている状態 本鳥も看護している人も切ないですよね。

記事を読んでいて、病気から最終的に食滞をおこして、やはり永眠した最初のオカメを看ていた時の事を思い出しました。
うちも、最後まで餌を食べたくて、でもお腹がすいていて の状態で

もっと、自分に技術や知識があれば、ちゃんと見てあげられたのでは、苦しみが少しでも和らげたのではという後悔も含めて今でも、胸が痛みます。

でも、ジェミーさんとご縁があって、またオカメと 今度は健康で元気な姿で暮らせて、本当に嬉しく思っています。
ジェミーさんのところの子を迎えられてよかった。と思っていることをお伝えしたくて、なんだかとりとめのない文になってしまいました。

タマランちゃん お疲れ様でした。

がんばりました

おはようございます、おひさしぶりです。まるです。
しばらく更新がなかったのでたまちゃんにつきっきりなんだとおもっていました。
生きようと頑張るちっちゃな子と、それに最大限応えるジェミーさんには本当に頭が下がります。
二人とも、おつかれさまでした。きっと次に産まれてくる子たちがたまちゃんの分も元気で育ってくれるとおもいます。

No title

ジェミーさん、タマランちゃん、お疲れです。

頑張って生きようとする命があって、それを支えたい人間がいて、互いに尽力した事、それがとても尊いのだと思います。
こうやってジェミーさんの経験を記事にして公開されていて、人の目に留まって、命の儚さや尊さを知る事だけでも大いに意義のあることだと思います。
繁殖場であれば、放置されるか淘汰されるかしてそのまま亡くなる命であった筈ですが、
短い時間ではありますが、煌きを帯びていたのですから本当に尊いのだと思います。
自然界であれば摂理として仕方の無いことですが、人間の手で育つ以上、何とかしてあげたいというのが人情であって、
たとえ人間のエゴかもしれなくても苦しみから解放してあげたいし、元気に成長してほしいし、幸福になってほしいと願います。
タマランちゃんも頑張って生き抜こうとして、それでも限界がきて、しかし最期は甲斐甲斐しくお世話をしてくれたジェミーさんの手の中で逝けました。
温もりの中で恐怖は少なかったのではないでしょうか。頑張り抜いた尊敬できる鳥生だと思います。
その思いや経験が次の雛達の糧となり、きっとより良い出会いやバードライフに繋がるのだと思います。
ジェミーさんが頑張ってくださっているお陰で僕はギンジやポンと出会えました。
お陰でとても幸せな時間を過ごせております。きっとこれから鳥と出会う人もきっと幸せな時間を鳥と共に過ごすのでしょう。

何かグダグダまとまりの無い文章になっていて申し訳ありません…

タマランちゃんに哀悼の意を表します。天国で幸せにね。そしてジェミーさん本当にお疲れ様です。
お辛いでしょうが、ご無理をなさらずご自愛くださいね。
そして残った雛達の元気な成長を願っております。

No title

食滞についてはなんとなくしか知りませんでしたが、
今回初めて実態を知った気がします。
本当は早朝に読んだので
すぐにコメントしようと思ったのですが
泣けて泣けて・・・・・
本人も、看ているほうも辛いですね・・・

でも最後に美味しいご飯を食べさせてもらい、、
独りぼっちじゃなくてママの手のひらで
体温を感じながら旅立てて幸せだったんじゃないかなって思います。
タマランちゃん、ジェミーさん本当にお疲れ様でした。





Re: No title

suzumamaさん
ありがとうございます。
suzumamaさんも食滞と闘われたのですねーー普通にご飯たべて普通に消化してることが当たり前でないんだと痛感しますよね。
うちの大人オカメたちにも何度そう語りかけたか・・・
今日も元気・・・のありがたさを感じます。2羽も元気にしてるんですねーーきっとそっちは涼しいんだろうなーーー

Re: がんばりました

> まるちゃん ありがとうーー!!いつも読んでくれて励ましてくれてうれしいです。
ちょっとしばらく脱力感が半端なくってぼーーーっとしてました。そして肩こり!!きっと毎日力入ってたんだろうねーーー
うだうださせてもらってます。

Re: No title

> bonanzaくん
とっても心に響くコメントをありがとう。まとまりないなんてとんでもないです。言葉のひとつひとつをかみ締めて読ませていただきました。
格闘中、ギンちゃんの元気な画像が慰めでした。こんな元気に育ってる子がいるんだから!!きっとタマランもこんな風になる日がくるって・・そう思ってがんばってたんだよー。力及ばなかったけど、この経験はまた私の知となり肉となってくれると思います。
ありがとう・・。

Re: No title

> piyokoさん
泣かせてしまった・・??ごめんねーー
piyokoさんもまだきっと心癒えてないよねー。過ごした時間が短くてもこんなに哀しいのに
私はうちの大人インコたちとお別れするときってどうなっちゃうんだろーーと思うとすでに恐ろしい・・・
だから1日でも長生きしてもらうようにしなくっちゃ・・と思いつつ抗えないものもあるよね・・。
タマランちゃんはほんとにギリギリな子だったからとにかく後悔のないようにしよう・・それだけを自分に言い聞かせて今自分にできるすべてを注いだつもりだったけどまだ足りなかったのか・・根本的に間違っていたのかわかりません。
もう食滞のこは生まれてほしくないけど今回の記録はしっかりとどめておこうと思います。

お疲れ様でした。

ジェミーさん、タマランちゃん、お疲れ様でした。

ご縁があってジェミーさんの元にやってきたタマランちゃんとの短くも濃い時間がいつか悲しみの無い良い思い出になりますよう願っています。

ブログを読ませていただいて、いつかやっぱりジェミーさんの元で産まれた雛欲しいなって思いましたm(_ _)m

日曜は有り難うございました

タマちゃんは、短い命でしたが、ジェミーさんに愛され、オカパラで紹介される事で、タマちゃんの頑張った姿をみんなが知ってくれて、この事がきっかけで、食帯の子の命が救われる事になるかもしれない。
ちゃんと、タマちゃんの生きた証、意味をみんな覚えていてくれますね。
昨日、実際にお会いして、タマちゃんのお話を伺いましたが、ジェミーさんから、ちゃんと命と向き合っているという強い力を感じました。
ジェミーさんが、愛情込めて育て上げてくれた、葵衣ちゃん。大事にします。

No title

ジェミーさん、タマランちゃん、お疲れ様でした。

タマランちゃんの最後の時、うちの初オカメ、葵と全く同じです。
優しい子だったんですね…。
時間は短かかったかもしれませんが、愛情を込めてもらって、
手をつくしてもらって、きっと幸せだったと思います。

今度は元気な体で、また戻ってきてくれますように。
お兄ちゃんや他のちびっ子たちがタマランちゃんの分も、
元気で長生きしてくれますよう、心よりお祈り申し上げます。

まだまだ暑い日が続きそうですので、
ジェミーさんも倒れないよう、お気をつけ下さいね!

本当にお疲れさまでした。

ジェミーさん、一ヶ月もの間お疲れさまでした。
タマランちゃん、本当に残念でしたね……

自分も食滞でルチノーの子が永眠してしまいました。
ぼくの場合は自分自身に原因があったのでまったく同じとは言えないのですが。

さし餌をしようとすると必死で食べるのに、消化出来なくてそのうがずっとパンパンで、半日経ってもまったく変わらなくて、やっぱり同じように濃度を薄くしたりパウダーフードを先生に教えてもらって与えてみましたが結局降りず、そのうの中身を抜いて濃度を変えてさし餌、そんなことを繰り返して行くうちにどんどん衰弱して行ってしまいました。

自分がもっとうまくやれていればもっと長く生きられただろうし、そもそも食滞にすらなっていなかったんだろうと思うとやるせなくて、これ以上苦しめてもこの子のためにならないんじゃないかって考えてしまって、ジェミーさんと同じような考えに至り始めていました。
でも、もう無理かもしれないけど、この子の生きたいって言う気持ちに賭けようという奥さんの言葉に、最後まで生き延びてほしいと言う願いを持って、チューブを入れて、中身を抜いた時に、自分の手の中で息を引き取りました。

最後に辛い思いをさせて、酷いことをして死んでしまった。もっとこうしていればよかった、とか、あの時やめておけばもっと長生きしたんじゃないか、とかもう、後悔とかで頭がぐしゃぐしゃになって、泣くしかありませんでした。
謝っても謝りきれないほど、辛い思いばかりさせて、最後に自分の手で……
何もかもが間違っていたんじゃないかとしか思えなくて、自分はもう生き物を飼う資格すらないんじゃないかとさえ思ってしまいました。

そう言う経験をしたぼくから見ると、ジェミーさんはずっとずっと、がんばって全力で大切に育ててくれているように見えます。
タマランちゃんは結果的に永眠してしまいましたが、他の繁殖屋さんや飼い主の方ではもう最初の時点で諦めてしまう人の方がきっと多かったと思います。
それでもジェミーさんは最後まで手を抜かずにタマランちゃんのためにがんばってくれた。
生き物は基本的にどんな状況であろうと生きることを諦めません。
その気持ちをジェミーさんは少しでも長く生かしてくれたんだと思います。
だから、そんなジェミーさんに一言。

タマランちゃんのためにずっとがんばってくれて、ありがとうございました。

これからジェミーさんのおうちの子をお迎えしたいと考えている自分から感謝を。
タマランちゃんは天国へ旅立ちましたが、そんなジェミーさんが育ててくれた子たちはみんな、幸せになってほしいです。
自分もがんばって幸せにしてあげたいなって思います。
生き物を飼う資格とかそんなのじゃなくて、彼らの幸せを願って一緒に楽しみながら過ごしていければきっと、天国へ旅立ってしまったみんなへの報いにもなると思うんです。

これからも辛いことがきっとたくさんあると思います。
それでも、ジェミーさんのおうちの子たちは素敵なおうちへお迎えされているように見受けられます。
その子たちの幸せと、これから生まれてくる子たちみんなの幸せを祈っています。
これからもがんばってください。

うまくまとめられなくて長文失礼しました><

Re: お疲れ様でした。

> かず♂さん
ありがとうございます。
繁殖にリスクはつきもので、哀しい思いもずいぶんしました。何度経験してもなれるってことはないですね・・。
かず♂さんに こんないつでも初心者な私のヒナがほしいって思ってくださっててとてもうれしく思いました。

Re: 日曜は有り難うございました

>うずらさん
そうだねーー私のこんな体験でも少しでも役にたてることがあるなら困ってる人のために力になりたいねーー
そして元気なオカメをうずらちゃんに・・・それまでがんばろう!!
葵衣ちゃんのこともよろしくねーー

Re: No title

わけこちゃん
ありがとう・・・私よりもずっとずっと痛みをしってるわけこちゃん・・・
へコンでちゃダメだよね・・・はい・・がんばります!!
きなちゃんとかぼっこちゃんとか・・たくさんのヒナが巣立って今幸せにくらしてる姿をみるにつけ
どのヒナも運命の飼い主さんをみつけてつないであげたいと思ってしまって それができず旅立ってしまうのはほんとうにやるせないけど・・きっとまた戻ってきてくれるよね・・。

Re: 本当にお疲れさまでした。

Ryuki Osucar さん
さぞ辛かったでしょう・・・さぞ・・それがはじめてのオカメならばなおさら辛く大変だったことと読んでいて思いました。
いきなりチューブでの吸引も経験されたんですね・・・でもやるしかないからできちゃうんですよね・・。
生きることをあきらめる動物はいませんよね・・・それは生き物を飼ってるとわかりますよね・・。
だからこそなんとかしてやりたかった・・・でもできないことも 自然の厳しさなんでしょうね・・・。
でも人間のそばに生まれてきたからには 手を尽くしてやりたいですよね 
それが共感できる方にまた出会えてうれしいです。その気持ちを持ち合わせてるかたでほんとうにうれしい・・・
そして 悲しみを知っていて 辛い経験をした人たちに 次こそ楽しいインコライフをおくってもらえるように
元気でたくましい鳥を育てていかねば・・という思いでいっぱいです。
そしてそんな優しい飼い主さんたちだからこそ みんな幸せな鳥生をおくっているんだなーーーと感謝もいっぱいです。
うれしいコメントありがとうございました!!

Secret

♥プロフィール♥

ジェミー

Author:ジェミー
お立ち寄りいただきありがとうございます。
美しく片付いた部屋で、アロマキャンドル灯して、 フレーバーティー片手に読書・・・・・が私の至福の時間・・・・・・
なはずなのに・・気がつけばokame 粉にまみれ雛の乳母と化す毎日です。


里親様募集


 




♥繁殖&ヒナヒナブログ♥


  繁殖状況はコチラ

鳥ともさんを繋ぐ・・・

♥My Favorite ♥


インコグッズ♥アクセサリー♥はこちらのshop

♥Bookmark♥


我が家の鳥たちがお世話になっています♪

♥最新記事♥

♥最新コメント♥

♥カテゴリ♥

♥カレンダー♥

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

♥リンク♥

QRコード

QRコード

♥メールフォーム♥

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ