FC2ブログ

久々、息子じかん

ようやくようやくson 氏が帰省できました


彼もいい加減インコ臭が必要だったらしく


ちょうどふわふわのもふもふの


可愛子ちゃんたちがいるので






満喫されておりました








初見なのに


乳母と同じ匂いでもするのか


ちっとも動じることなく


されるがまま子 ちゃんたち






なかなかに可愛いショットを撮ってました




なかでも秀逸なのは




まメジロのモフチリショット。




この角度からのショットを好んで撮るとは


彼も間違いなく


正統派インコ男子に成長したなと


しみじみ。


帰省中


彼の膨大な量のレゴやゲームを断捨離すべく


整理したのですが




整理と言いつつ遊んでしまうよね


こんなのもあったね、こんなのも買ったよね


しばし思い出に浸って


息子とのステイホームもいいもんだ


と思いました




ジロマメ先生も浸ってらっしゃる?






南海の島にマメジュウ現る!!




だけどこのマメジュウ


眉毛があってちっとも怖くない、


むしろかわいい💕




久々の息子じかんが


いつも以上にありがたく


幸せを感じました



スポンサーサイト



肝に銘じる

東日本大震災から9年


あの日のあの瞬間は昨日のことのように覚えています


その時私はお休みで


鳥部屋で 


ブログ書いていたんです


それが


コレ



2011.3.11の記事



なんというのんきというか平和な記事。。




その後すぐにゆらゆらして、


鳥は全然パニクることもなく


私の方があたふたして大騒ぎしてるのを


鳥たちが平然と見ていた


あの子たちの冷ややかな目も


忘れないです。




そして9年後の今


また違う国難に面しています。




そしてまた実感する


当たり前の日々の尊さ、ありがたみ


ふつうに仕事があり、


美味しいもの食べに行く、


ショッピングを楽しむ


綺麗なホテルに泊まる、


行きたい観光地に行ける


スポーツ観戦をする


ライブ参戦する


ふつうにできた娯楽が今出来ない不自由さ


私は感染よりも


そういった停滞や停止がもたらす


余波の方が怖いです


集団ヒステリー状態にならないように


耐えるのではなく


今できる最高で最善の楽しみを


みつけて停止ではなく前進したい


できるだけできるだけ


 小さくても楽しみを見つけたいし作りたい


起こってしまった事に嘆いたり怒ったり


ではなく


その中でできる楽しみをみつけて


笑いたい


そこからなにかを得たい




それを私は


ツボちゃんに教えてもらいました。




毎日前進あるのみのつぼちゃんに


おかれた場所で咲くことの大事さを


教わってます。




でもいつも喉元過ぎれば…で


感謝を忘れてしまうので


今年はこれを肝にめいじる年になりそうです。




頑張りましょう!


楽しみましょう!!!


笑いましょう!


笑いは免疫力アップさせてくれるそうですよ!!











BとDの間には…

(BとDの間はC)


今年のトンライブでかの知識人シム チャンミン先生がおっしゃった言葉


じゃなくて~


これは哲学者サルトルの言葉なんですね


人生は


B(birth) とD(death)の間の


C(choice)である


人生は生まれてから死を迎えるまでの選択である


チャンミン先生に教えて頂きました。


  


選択できない生と死の間は


確かにとにかく選択の連続です。  




その選んだ道次第で人生が続いて行く


朝起きて、今日何着てく?何食べる?からはじまって


進路、就活、婚活、子育て、、そして終活と


選べない死がやってくるまでどうしよう、こうしようの連続ですよね。




ま、自分の人生もこれまでの自分の選択した結果の


な訳ですが




鳥の生もそうです




卵が産まれてから


雛がかえってから


親は多分本能で自分のするべき事をただ必死でやってる。


でもわたしはそこからもう選択の連続です


巣あげして親から育雛引き継いでからは


もう頭の中は選択することでいっぱい。


時に


もう少し早く巣あげしていたら…と後悔することもある


その選択の上に生死がかかってくると本当に重い。


その鳥の持って生まれた運命もあるかもしれないけど


この子がこれからどこでどう生きるか…


ほぼほぼ私が背負ってるんですよね


それはとても重責です。




大人になってからも


全ては私が選択した環境で彼らの生活が成り立ってると


そう思うと


この多くの命を預かってることが


ずううんと肩にのしかかって来ます。


いっときの猶予もなく選択を迫られる時もあるし、


どうしよどうしよどうしよとパニックになることもある


誤った選択を犯して罪の意識に苛まれる事も多々。


それはずっとこれからもお互いの命ある限りつづきます


良く生きるために


常にchoiceする


環境から食べるもの、遊ぶもの、などなどなど


生き物と暮らすということはそういう事だと思います。


だからこそ楽しくもあるし絆も生まれます


時々悲鳴をあげたくなることもあるけど


だからって嫌いになれるもんじゃなし


愛おしさは日々増すし


私が生きてる、生かされてる理由のひとつでもあると思ってます










ペレットよりもまずはシード


これはキミたちのいつものchoiceよねぇ😅




おチビなりにも選んでる😅


可愛いなぁ💕




子供たち(といってももういい大人ですが)も


何が最高かわからないけど


自分が選んだchoiceに納得できるような


失敗だったと思ったとしても


くさらず前進してさえいれば


それはのちに必ず生きてくる


あれが失敗だったから今があると思えるような


そんな選択をしていってほしい


choiceに負けないでほしい


悩んで決めることに意義があると思うのであります。


母も乳母も


まだまだ洗濯…ちがう…選択の真っ只中です。


まずはネクスト、




キミたちやる気あるのないの?


出たり入ったり抱卵したり放置したり。。😞


どうするかなあ、、この不如意な方たち…
























>にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ


にほんブログ村



にほんブログ村 (鳥 多種飼い)


にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ


にほんブログ村


いつも訪問ありがとうございます


秋思



炊飯器いただきました。


…といってもおもちゃの炊飯器です


これはさっそくウロコに遊んでもらいやしょうと与えてみましたが、



やっぱり炊飯器はぶん回すものらしい…💧


ウロコズは遊んでくれないけど


帰省したSONさんが遊んでました


😅



カバンひとつで身軽に帰ってくるSONさんですが


戻る時は



大荷物


好物やら、エナジードリンクやら、おにぎりやら…


母のゴリ推し愛が詰まってます


荷物も重いが


母の愛も重い…。。?


しかしちゃんと抱えて帰ってくれます



いつも帰省する時は


大雪だったり


台風直撃だったり


なんか連れて帰ってくる彼…


今回も夜中に激しい雷雨


嵐を呼ぶ男か?


幸い朝にはおさまって



駅まで送っていって見上げる空は快晴


でも空気はひんやりして


台風が夏を追いやって


確実に秋がきています。


息子も帰っていき


ちょっと寂しい秋の夜長…。




シソンちゃんも、もの思う秋?



何見て思う?



壁???





SONさんもこれから年明けまで大繁忙期


身体を大事に、


あせらず くさらず あきらめず



私のモットー


頑張れ!!

























>にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ


にほんブログ村



にほんブログ村 (鳥 多種飼い)


にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ


にほんブログ村


いつも訪問ありがとうございます


全てに◯をつける

今年も家族恒例京都で集合の旅


行ってきました。


今回で5度目


1度目は親戚も集合した京都旅


2度目は息子娘と宇治の鵜飼に引き寄せられて


3度目は家族4人で貴船と鞍馬


4度目は八坂の町屋ステイと大原の里



なぜ山に登るのか


そこに山があるからだ。


のごとく


なぜわたしは京都に行くのか


それは


そこに息子がいるからだ!!


そうなんですよ、お休みがなかなか合わないSonさんが


1番来やすい京都になっちゃうのと


毎回毎年


引き寄せられる場所がそこにあるから。。


京都になっちゃうんですね



今年は嵐山のホテルをチョイス


嵐山に行きたい場所があったのです



そこは



この山の中腹に建つお堂


嵐山の禅寺 千光寺さんです



こんなところにお寺がある!!


このお堂はかつては角倉了以の隠居所だったそうです



渡月橋から川沿いを進み



だんだん細くなる道を気持ちも心細くなりながら


てくてく歩いて歩いて1キロ



そして現れる急な石段を200メートル登る


動悸息切れ激しいアラ還と


COPP まっしぐらのおっさんにはおおいにキツイ💦


気がつけばもうSONさんの背中は見えない


やっぱ若い


ヒョイヒョイ登って行く



。。。



OTTO氏とヒイヒイゼイゼイ言いながら


時々聞こえる鐘の上品な音色に励まされながら



このヘアピン階段を登って行くと


ようやくさっきの写真のお堂に辿り着きます



そこに広がるのは



この景色


小倉山越しに京都が見えます



望遠鏡も置いてますうww


しばらくいると


左手下方に


トロッコ列車が走っていくのも見えます




 ちょうど真横に来た時にしばらく停車していたので


列車からもきっとこのお堂が見えて説明とかされていたのかな。


手を振れば良かったなっw



汗びっしょりになってもひいはあいっても


この絶景には心洗われるようでした


大悲閣とは通称で


祀られてる千手観音様が


世の中のさまざまな悲しみに心いたまれて


千の手でお救いくださるという意味だそうです


この絶景にすでに癒され


ここまで家族と一緒に辿り着けたことに感謝して


静かに般若心経を唱えさせていただきました



あいにく和尚さまと愛犬のスミレちゃんはお留守で


お会いできなかったのが残念無念


その代わりかお堂の中に般若心経の意味とかの


コピーが並べてあって自由に持ち帰れるようでした



その中にあった気になる1枚



丸?



無生死


生も無く死もない?


この概念?


調べてみたら


生きる時は生きるし死ぬ時は死ぬ


そう解釈されるようですが


和尚様が書かれたものには


英語で


NO BIRTH.  NO DEATH


と書いてあります


これだと


生きるではなく


産まれるになります


産まれなくして死もない…


そういう意味になる?


産まれることも無ければ 死ぬこともない


なのかな?


そして大きな◯の意味は?


からちもなくふえることもへることもなく


老死もなくすべてを超えた心



ということか?



なんとなくわかるようでわからない


繋がるようで繋がらない


足腰元気なうちに再度伺って聞いてみたいとおもいました。


今日のように心洗われたと思っても


たちまち自分の心の狭さや


阿保さ加減を思い知り


胸かきむしるような現実


理不尽さや


無情さに打ちのめされる日もあります


漠然とした不安に眠れない夜もあります


あの山の中腹にぽつんと建ったお堂に


何か救いを求めてるから


惹かれたのでしょうか?



でも、


毎年こうして夫と息子、娘がそれぞれ忙しい中


集まってくれて


美味しいものをいただいて


同じ部屋で眠る


これがもう大きな救いですね


元気でいてくれる


贅沢はできないけど集まることができる


お休みがもらえた


料理が美味しかった


ホテルが感じ良かった


無事にみんな帰れた


私の行きたい場所に文句も言わず付き合ってくれた


全てのことに


感謝しなくてはと思いました。


そして抱える悩みも心配ごとにすらも


感謝できるような未来になるよう


今を真摯に生きる


反省して生きる



これが◯の心かな?



…っと


なんからしくない日記になりましたので


下山したあとによったおススメカフェ「嵐山omokage カフェ」さん




ここ穴場です




そこでいただいた柚子ソーダとかき氷(ほうじ茶)が


最高に美味しかったことを書き添えて…



































♥プロフィール♥

ジェミー

Author:ジェミー
お立ち寄りいただきありがとうございます。
美しく片付いた部屋で、アロマキャンドル灯して、 フレーバーティー片手に読書・・・・・が私の至福の時間・・・・・・
なはずなのに・・気がつけばokame 粉にまみれ雛の乳母と化す毎日です。

インコのブリードもしています
名古屋0907045 登録日平成21年4月14日


里親様募集


 




飼い主様募集について
必ずお読みください

♥繁殖&ヒナヒナブログ♥


  繁殖状況はコチラ

♥My Favorite ♥


インコグッズ♥アクセサリー♥はこちらのshop

♥Bookmark♥


↑先生のブログです♪参考になるおはなしがいっぱいです

♥最新記事♥

♥最新コメント♥

♥カテゴリ♥

♥カレンダー♥

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

♥リンク♥

QRコード

QRコード

♥メールフォーム♥

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ