メモリアル

  ガンちゃんに・・・・・

gannchannnotameni.jpg


 ステキなリースをいただきました


 gannchannnotameni2.jpg

 ガンちゃんの美しい羽色に似た羽が飾られてる・・・

 まるでガンちゃんが帰ってきたみたい。


 添えられたメッセージも・・・(泣)


 ハンディを当たり前に受け入れ

 不自由さをいろいろ工夫して暮らしていて・・・

 誰よりも歌は上手だった可愛いガンちゃんに

 励まされていた人が私たち以外にもいたのなら

 ガンちゃんが生まれてきて意味はまさにそれだったんですね


 オトマルちゃんの49日にもお花が届きました

otomaru.jpg


 やさしい色合いの花束

 みなさん、ありがとうございました。


 この夏は楽しい思い出ばかりじゃなく

 辛い思い出も多いです。

 人生はフィフティフィフティですね。


 この夏 読んだ本

 「水族館ガール」sugokukannga-ru.jpg

 今 ドラマ(最終回でした)もやっていたのでご存知の方も多いでしょう


 命と対峙している職場のお話・・・

 興味深く読みました

 ドラマも原作とは大幅に違っていましたが

 それはそれでとても面白かったです


 

 ドラマで 伊藤四郎さん演じる館長さんの言葉が胸に響きました

 

 



「生き物の死に慣れてはいけません。

しかし、新しい命のために立ち止まってもいられません。」


ああ・・・まさにこれにつきる・・・。


やってることの規模はぜんぜん比べようもないし

それがお仕事ですから、

その重圧ははかりしれないほどだと思いますが

命とむきあったときの「思い」は同じなんだろうなあ・・・と

思うと・・・

久々に水族館にいってみたくなりました。






Click_h.gif
FC2ブログランキング

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村


にほんブログ村 (鳥 多種飼い)

にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
にほんブログ村



いつも訪問ありがとうございます
































 




 



 


 
スポンサーサイト

ガンちゃんの7年

  我が家では 天国へ旅立っていった鳥たちは霊園で火葬してもらい

  霊園の万霊供養碑に遺灰を収めてもらっていますが、

  前々から 祈る場所が家の中にもほしいな・・・と思っていたので

  作っていただきました。

IMG_3463.jpg

  クリスタルに 通常はなくなったペットの写真を転写するのですが

  うちは全ての子達のために・・・なので

  自分でイラストを書いて それを彫刻してもらいました

IMG_3462.jpg

  
 しかし、お墓を作るとなんとやら・・・という迷信ではないですが

 出来上がったとたん・・・

 ガンちゃんが逝ってしまいました。


 ガンちゃんは雛の頃の病気のために障害が残った子です


 その時の日記 →がんばれガンちゃん

 お迎えしてすぐ発症して もうダメだろうと思うような深刻な状態だったのを

 ガンちゃんの気概と OTTOさんのがんばりとで一命をとりとめた逞しい子

 それから七年・・・・

 ふらつきはあるものの自分なりに工夫してガンちゃん流に生きてくれていました

  ガンちゃん的就寝方


 ガンちゃんのファンファーレ

  ひまわり

 

 
  障害を障害とは思っていなくて、彼なりただできることをして生きている

  それを不自由だとか不幸だとか思っていない姿に色々教えられました

  でも、ガンちゃんにはやはりリスクはあって うまく飛べないこと 

   ケージ内の移動も時間がかかることでケージは小さめにしていたこと

  慢性的な運動不足

  すぐにドキドキしちゃうこと 

  見えない部分で この七年そのリスクは大きくなっていたのかもしれません

  いつもと変わらない様子に安心しきっていた私の慣れと慢心もあります

  猛暑が続いた朝のお掃除中

  ガンちゃんは ケージに手を入れるとドキドキして逃げ回るので

  いつもすばやく敷き紙交換していました

  その日少しケージを移動させて待ってもらっていたとき

  いつもよりバタついてるなと思って もとに戻すと

  足が麻痺したように力が入らず まるで溺れる人のようになっているので

  あわてて抱きかかえると・・・そのまま あっというまに逝ってしまいました

  鳥にも 心筋梗塞も動脈硬化も いわゆる成人病も 熱中症もあります

  色々な要因が重なっての心不全だったと思います

  なんでお掃除しちゃったんだろう・・少々汚くっても良かったのに・・

  なんでこんなに暑い日がつづいたんだ

  なんでケージ移動させちゃったんだろう

  なんでなんで・・・とあらゆることを後悔しました

  ただ せめて 手の中で看取ってやれたことだけが救いです

  もうあのファンファーレは聞けない

  もうトントントンと餌箱にヘドバンも見れない

  哀しくて さびしくて 申し訳なくて 辛い

  ガンちゃんの7年間は幸せだったのかな・・・

  私もパーフェクトな人間ではないし

  人間だから色々な失敗もします

  それが事故や死につながること あってはいけないけど

  生きてるもの同士 これからもあるかもしれない

  鳥たちも中高年なお年頃になってきました

  いつ何が起きるかわからない

  覚悟の必要な老鳥も増えてきました

  抗えないこともありますね

  ただただ 自分に戒めていることは

  「鳥に誠実でありたい」

  それしかないと思っています

  ガンちゃんの7年は 短いけれど

  濃密で 私にシンプルだけど大切なことをいっぱい残していってくれた

  かけがえのない7年だったと思いたいです



  ガンちゃん 

CTMZ5715.jpg

 ほわ毛がついてるよ

 近いうちアップしたかった画像なのに・・・・

 遺影になってしまって・・・ごめんね

 そして

 ありがとう




  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  



 



 

 

  

Big Mama 逝く

 OTTO氏のブログでも書きましたが

 ottoの記事

 オカパラのBig Mama クロコさんが逝きました。

 クロコは我が家で初のオカメ雛を産んでくれて、

うちのコガッパちゃんたち

 その後もたくさんの子供を育て 孫もひ孫もいるだけでなく

 1番感謝したいのは・・・

 抱卵中に急死してしまった マスターの遺児たちを

 孵化させ、立派に育ててくれたことです

チャメオ様お願いします


 チャメオとクロコが育ててくれた 「チビマス」

ハートオカメ


 それが 今いる

 ティーダ(WFエメラルド) エミル(エメラルドライトパイド) 
 
 クジャ(WFエメラルドパール) ジタン(エメラルド)です



 自分の子供だけでなく 親をなくした卵まで・・・・

 立派に育てる・・・

 クロコの生き様は ベンジャミンやスピカやそのう姉妹だけでなく

 このチビマスまでも受け継がれているように思います。

 今頃 天国で マスターにあって

 「クロコさん その節はどうも・・・」と感謝されてるかな・・・・


 繁殖を引退してからは 肝っ玉だけでなく

 体もでっかくなってしまって140越え・・

 いくら運動を促しても

 面倒がっていたらしく 無理やりケージから出して運動・・・

 という具合だったそうです

 もう少し 気楽な隠居生活楽しんでほしかったですが・・・・・

 クロコさん

 同じ女性として 尊敬できる鳥でした。

 ありがとう。

 さようなら。





 
Click_h.gif
FC2ブログランキング

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村


にほんブログ村 (鳥 多種飼い)




いつも訪問ありがとうございます
 

キョロちゃん

 
 それはほんとうに 急なお別れでした。


 キョロちゃんが 急死しました。日曜日の夜・・・・


 いつものように元気で何もかわったことはなく、放鳥してやって・・・


 元気よく飛び出してから しばらくして・・・・


 夫のスピカといつも仲良く高いところでまったりするのに

 スピカだけが妙に私のところに寄ってくる・・・

 キョロちゃんは??と思って見たら 下段のケージの上で

 開口呼吸して苦しそうにしてるので すぐに 抱きかかえて


 様子を見てると お尻がヒクヒクしてるので

 まさか産卵??以前もキョロちゃんは私の手の中で産卵してるので

 またか・・と思ってすぐに ケージに戻したものの

 産卵にしては いつもと全然違う・・・

 横たわるようなかっこうで 次第に足が動かない感じになってきたので

 これはおかしい・・・

 抱きかかえると 体温が下がっていました。

 嫌な予感がして

 SONさんに 応急プラケースと携帯酸素の準備をしてもらってる間に

 だんだん荒い呼吸が収まり 絶え絶えになってきて・・・・・

 その時点で 何度も味わった辛い経験から

 もうだめだな。。と察しました。

 その後 小さく痙攣を起こし 静かに息をひきとりました。


 時間にして30分もたってなかったと思います。


 その時までなんの変調もなく 出すときもスピカに続いて喜んで出ていったのに・・・・


 いったいキョロちゃんに何が起こったのか・・・・

 しばらく 私もSONも呆然で・・・事態が飲み込めないくらい


 急な死でした。


 その後すぐに他の鳥たちに変調はないか・・・・

 疑わしい状況のものはないか・・・・


 探し、考えましたが 思い当たることはなく・・・・


 思いつくのは 急な運動、または パニックによる心不全。


 翌日 先生にその時の状況を説明したところ


 先生の意見も 同じ「心機能の不全」ではないかとのことでした。

 状況からして 感染症によるものや中毒は考えにくい

 急な何かの要因から 血液の循環がうまくいかなくなって

 死にいたったのではないか・・・


 放鳥中のそういった急死はよくあるのだそうです。


 特にぽっちゃり系の子にそれは見受けられるらしく

 時には朝起きて喜んで寄ってきた途端・・というケースもあったそうです。


 人間でいうところの 心筋梗塞のような症状でしょうか・・・

 だとしたら・・それは相当苦しいはず・・・・

 私もたまにストレスからその軽い感じの発作が起こるのですが

 苦しいです。心筋梗塞はその数倍苦しいらしいです。

 自分でも何が起こってるのか、どうしちゃったのか・・・

 理解できなかっただろうな・・・・

 怖かっただろうな・・・・

 


 キョロちゃんは110g前後でしたが むちっとしてる感じではなく

 筋肉質なガタイのよさだったので さほど肥満とは認識していませんでしたが


 もともと けっこうすぐに飛行後はハアハアしていたので

 心肺機能が多少弱い面があったのかもしれません。


 そこにきて この急な暑さ・・・・・


 そういったことが重なって・・・・のことかもしれませんが



 下段のケージの上にいた・・という点からも

 うまく着地ができず着地の際どこかぶつけたことも考えられます。


 そこを見ていなかったのは私の不行き届きです。


 放鳥して飛行する際は 必ずみんなが着地するまで 目を離してはいけない・・・


 わかっていても 何事もないことに安心して気が緩んでいたのは

 否めません。


  また6月・・・

 いつも何か起こるのは6月からの梅雨の時期です・・・



 今もまだキョロちゃんが急にいなくなったこの事態を

 受け入れることができない状況ですが・・・・


 その後他の鳥たちに何もかわったことが見受けられないことが

 せめてもの救いです。


 落ち込む私に 犬を飼ってる友人が

 「そのお別れは急だから 辛いとは思うけど・・・

 苦しむ時間も少なくて 苦しむ姿を見る時間も少なくて・・・・

 そして何より手の中で看取ってあげれてる・・・

 それは不謹慎かもしれないけど 私の理想とするお別れだわ。

 私が愛犬とお別れするときがくるならば できればそんなお別れがしたい・・」

 といってくれました。


 確かに様子がおかしくなって なくなるまで ずっとそばにいて見守って

 声をかけていたし、手の中で看取ってやれたことは せめてもの救いかもしれない。


 でももっと早く携帯酸素吸入してやればよかった・・・・

 ひいては 放鳥するんじゃなかった・・・・という後悔はぬぐえません。



 嬉しい放鳥があだになるなんて・・・


 キョロちゃん・・・ごめんね。

kyoro.jpg



 土偶だの はにわだの・・と 言ってたけど

 たった6年あまりの命だったけど・・・・

f0172650_1940401.jpg

 ほんとうに君はうちには珍しい謙虚で おとなしいかわいい子でした。

 君が残した子供たちクロムとリースに 君の命は受け継がれていくはず・・・・

 大事にするからね・・・・


 そしてスピカ・・・・残されたスピカ・・・

 キョロちゃんを呼ぶ姿に心が痛んでなりません。




 


 


 


 


 

 

♥プロフィール♥

ジェミー

Author:ジェミー
お立ち寄りいただきありがとうございます。
美しく片付いた部屋で、アロマキャンドル灯して、 フレーバーティー片手に読書・・・・・が私の至福の時間・・・・・・
なはずなのに・・気がつけばokame 粉にまみれ雛の乳母と化す毎日です。


里親様募集


 




♥繁殖&ヒナヒナブログ♥


  繁殖状況はコチラ

鳥ともさんを繋ぐ・・・

♥My Favorite ♥


インコグッズ♥アクセサリー♥はこちらのshop

♥Bookmark♥


我が家の鳥たちがお世話になっています♪

♥最新記事♥

♥最新コメント♥

♥カテゴリ♥

♥カレンダー♥

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

♥リンク♥

QRコード

QRコード

♥メールフォーム♥

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ